賢い借金返済方法

キャッシング・カードローンの賢い借金返済方法!

キャッシング・カードローンの賢い借金返済方法!

 

私は35歳既婚女性です。
7年前に今の旦那と結婚して子供も2人授かり幸せな生活を送っていました。

 

私は元々アルバイトで生計を立てていたので結婚した時はほとんど貯金もしておらずに旦那の収入に頼りきっていましたが、2人目の子供が出来てから生活がだんだんと大変になってきて毎月2万円ほどもらってたお小遣いも半分の1万円に減ったりと苦しくなってきました。

 

お金が全くないのは困るので、旦那の休みの日に週一程度でパートにでています。
月に2万円も稼げなくて、子供を保育園に預けて自分が正社員でしっかり働くという選択肢もあるのですが。やはり子供の面倒は極力自分でしっかりみたいので思うように働きにでれないのが現状です。

 

お金のやりくりに苦労して。携帯代を支払えば残りわずかなお金しかなく友達が結婚をしたので。お祝いをしてあげなくてはいけなかったのですが、どうしても誰かからお金を借りないといけない状況になりました。

 

3万円借りたかったのですが誰かに相談するのも嫌だったのですぐに返すという気持ちで消費者金融の店頭に初めて行きました。
審査も簡単で身分証明を提示して自分の収入額などを記載すると審査にすぐに受かり即日自分の口座に振り込まれました。

 

その借り入れた3万円は次の月にすぐに返済して高い利子もつかずに済みました。
旦那にもバレずに借り入れる事が出来ましたし本当助かりました。

 

おまとめローンは賢い借金返済方法

おまとめローンは賢い借金返済方法

 

約150万円の借金があり返済中です。
もともとは最大で300万円ほどあり、3社から借り入れをしていました。
ですが、途中でおまとめローンを利用して借金を一本化し、現在に至ります。

 

借り入れをしていた3社のうちの、ある担当者の方から電話で「おまとめローンを利用しませんか?」と何度か勧誘の電話がありました。
当時、おまとめローンに関する知識はほとんどなく、手続きも面倒そうなので、最初はお断りしていました。

 

しかし、詳しく話を聞くうちに、悪くない提案だと思い直し、とりあえず審査を受けてみることにしました。
それまで、滞納をしたことは無かったのですが、収入がそれほど多くないので、審査を通るかちょっと心配でした。

 

まあ、審査に落ちても今までどうりに返していくだけなのでリスクはないのですが、結果が出るまでは、どうも落ち着きませんでした。
誰かに審査されるというのは、あまり気持ちのいいものではありません。

 

結果、おまとめローンを利用することができたのですが、数か月たった今、この選択は正解だったと感じています。
数社から借りているとそれぞれの返済日前に、口座残高をチェックするのがなかなかのストレスでした。

 

また、借金が減っても、いくつかに分かれているせいで実感しずらかったんだなと、今になってみると思います。
おまとめローンにしたからといって、それほど支払い額が減ったわけではありませんが、一本化することにより家計のやりくりがしやすくなり、今後の見通しも明瞭になりました。

 

賢い借金返済方法は低い金利への借り換え

賢い借金返済方法は低い金利への借り換え

 

以前はクレジットカードのキャッシング枠を利用し、それを3社ほどから借りていました。
総額は60万円を超え、かなりの支払い困難者になっていました。
クレジットカードの金利は20%近くの高金利。

 

この金利で60万円を返済するのは、非常に非効率な話です。
総額を計算してみてください、かなりの金額になります。
また、毎月の入金も大変で、それがかなりの負担になります。

 

そんなときは低い金利のローンで借り換えをして返すのがベスト。
では、どうやって返済をするか。

 

それは、オリックスや楽天もそうですが、カードローンを契約します。
その金利は4%、5%の世界。枠も500万円などかなりの枠であり、いざというときに便利です。

 

今まで借りていたキャッシングの総額をカードローンで借り入れ、キャッシング枠を完済してしまいます。
そうすると、残りはカードローンのみの返済となります。これで借り換えは完了です。

 

支払いも月々1万円程度となりますので、生活への負担も少なく、完済ができるというわけです。
ちなみにおまとめローンなども同様のロジックです。

 

自分自身、以前はキャッシングの払いに困っていましたが、今では借り換えによって、楽になりました。
賢い借金返済方法、ぜひ参考にしてください。

 

参考:賢い借金返済

 

弁護士に相談して債務整理する賢い借金返済方法

弁護士に相談して債務整理する賢い借金返済方法

 

債務整理は借金問題を解決する賢い方法として考えると今後の人生に役立ちます。
自分に適した手段を探すためには気軽に弁護士相談をすれば疑問点を解消できます。

 

弁護士相談は相談をするだけであれば無料でできることが多くなっています。
債務整理を実行するために必要な条件やかかる費用の詳細を確かめて満足ができる方法を探すきっかけにすると便利です。

 

具体的な手続きについては借金が増えるまでの経緯などに応じて対処手段が異なります。
初めての場合は無料相談をうまく活用して納得ができる賢い方法を探す必要があります。

 

債務整理は借金をなくすことができるため精神的なプレッシャーから開放されるものの、今後の生活に制限があるために事前に内容を確かめて今後の生活を改善できるように考えることが大事です。

 

債務整理を弁護士に依頼する時は着手金や成功報酬などがかかることを認識し、状況に合わせて今後の生活を改善できるように診断をしてもらうと安心できます。

 

弁護士相談をする時は事前に予約を確保してから納得ができるように話を進め、無料の場合もあるため満足ができるように考えると効果的です。

 

債務整理をするために弁護士相談をする方法は今後の人生を改善するきっかけにすることを心がけ、満足ができるように流れを決める必要があります。

 

参考:弁護士無料相談電話24時間

 

自己破産は利点の多い借金返済方法

自己破産の利点の多い借金返済方法

 

借金を根本的に解決できる唯一の手段といえば、自己破産です。
債務整理において個人再生や任意整理などで借入額の減額を図る人は多いものです。

 

自己破産をすると借金をゼロにすることが出来るので返済の必要性を皆無にすることが出来ます。
借入先から取り立てを受けたり、厳しい催促でストレスを感じてしまうことも無くなります。

 

ただ、連帯保証人を用意していた場合には、自己破産すると支払いの義務が連帯保証人に移ってしまうことになります。
手続きをする時には連帯保証人に必ず事前に相談しておいたり、連帯保証人の負担について考慮しておく配慮も必要と言えます。

 

自己破産を行うと官報に記載されてしまいます。
官報はまず一般の人が見ることはほとんどない存在ですし、手続きを行っても家族に影響が及んだり、会社に迷惑をかけてしまうことは無いので安心です。

 

金額や借り入れを行っている件数にかかわらず、現状の借金を全てゼロにして帳消し出来る点が自己破産の最大の魅力です。

 

しかし、20万円以上の預金は没収されてしまったり、絵画や宝飾品や車や不動産などの価値ある財産は、保有しておくことが出来ないデメリットについても、慎重に考える必要もあります。

 

自分が保有する財産が抱えている借金よりも多い場合には、任意整理や個人再生など他の債務整理の手段を選ぶと安心です。
残金を帳消しにして完全に無くしたい時や、業者との付き合いを一切断ち切りたい時は、自己破産を選択すると安心です。

 

借金地獄の果ての返済方法と副業

借金地獄の果ての返済方法と副業

 

私は一人暮らしを始めてから身の丈に合わない生活をして借金地獄になりました。
家族関係が上手くいかず、イライラが頂点に達し、不安定なまま家を出なければなりませんでした。

 

初めはすごく新鮮で自由なので生きることへのモチベーションも上がりました。
アルバイトですが前向きに頑張れました。

 

しかし次第に状況は悪化し実家に帰りたいと思いました。
しかし帰ってくるなと言われ、そこから歯車が狂い始めました。
収入に関しても右肩下がりで減少し、職場の人間関係もこじれてから退職に追い込まれ、2年間苦労することとなりました。

 

仕事が出来ず平日も暇を持て余していた時、見ず知らずの女が来客し、最初は不審に思いながらも誰にも頼れない弱みに付け込まれて、心を開いてしまいました。
高額の商品を買わされ、人間不審となり、仕事も安定しないため、借金がどんどん増えていくばかりの借金地獄でした。

 

借金地獄で希望が見いだせず、正直自殺も考えました。
活路を見いだそうにも行動する度に仕事が上手くいかず前進出来ず、何度も絶望しました。

 

そんな時にインターネットで知り合った人からアドバイスをいただき、新たに仕事を始めたことで、たくさんの苦労はあったものの、借金地獄を解消していけそうな状態まで立ち直ることに成功できました。

 

参考:借金地獄の苦しみから脱出した実話体験!

 

借金返済のコツ、を上手に返すための方法は節約

借金返済のコツ、を上手に返すための方法は節約

 

私は若い頃にお金の使い方が下手だったので、飲みに行って散財をしたり、今から思えばよく分からない服を買って散財したりし、借金が膨らんでしまいました。
クレジットカードのキャッシング枠が満額だったり、消費者金融からも借り入れしていたりと、数件キャッシングがある状態だったので、その時はおまとめローンを活用して債務をまとめることによって借金返済しました。

 

借金を上手く返すためには、利息が低いサービスがあれば借り換えるようにして金利の負担を減らしたり、借金が数件に渡って分散している場合は、返済管理を楽にするために借金をまとめるというのも非常におすすめです。

 

借金は返済を延滞させてしまいますと、遅延損害金が発生するので本当に痛手ですし、借金延滞が繰り返されると信用情報機関でブラックリスト入りしたり、クレジットカードやローンの審査に受かりづらくなってしまったりもするので大変です。

 

私は給料が入ったら、なるべく生活費にお金を使い込んでしまう前に、すぐ借金を返済するように意識しました。
最初は1万ずつなど少額ずつ返済してましたが、よく考えると利息がかさむばかりで、ほとんど元金が減少しないことに気が付きました。

 

返済ペースが少なすぎるとなかなか元金が減らないので、毎月頑張って4万程度借金を返済するようにして、返済のペースを早めるように努力しました。
その結果、一年半程度でなんとか借金を返済出来て、胸を撫で下ろしました。

 

借金を返済している間は、節約で生活が苦しかったり大変でしたが、いつまでも借金を抱える状態から抜け出したかったので、当時はかなり節約して一つ一つ家計簿をつけたり、上手く生活費をやりくりするように頑張りました。

 

住宅ローンの残債600万円の借金返済方法

住宅ローンの残債600万円の借金返済方法

 

金融公社と助成公社を利用して十年ほど前に建売住宅を購入しました。
金融公社の方はローン繰り上げできたのですでにありませんが助成公社の分はほとんど利息を払っている状態でまだ600万円ほど残っています。

 

計画的に貯金していれば余裕があるときに支払いできたかもしれませんが、子供の教育費や実家の借地の購入を大家が突然言ってきたこともあり、父親だけでは支払える余裕もなかったので自分名義の支払い分を設定し、毎年ローンで返却することになってしまいました。

 

実家を含めて2か所のローンを支払うことになり自宅の分を繰り上げ返却することができませんでした。
50代の後半になりローンを支払うことが大変になってきました。
勤めている会社には転職して入社しているので、勤務年数からいっても退職金はほとんどもらえません。

 

早期退職する権利はあり、割増してくれますが次の仕事をみつけることは年齢からも難しいと思うので、決断できません。
半分ほどは繰り上げできると思うので定年後を考えると少しでも身軽にしておきたいので実行する予定です。

 

最近会社では再雇用制度もはじまっているので申し込めば働き続けられますが、人間関係と仕事から解放されたい気持ちと住宅ローンの返済との板挟みになっていてどうするのが良いのか悩んでいるところです。